紙と鉱質インク

これらのスケッチは明暗さまざまな心象を(そのとおり)写実した言語記録(紙と鉱質インク)です

感想、考察(レビュー)

【2018年E3】小島秀夫『デス・ストランディング』の最新トレーラーを考える

というわけで、前回に引き続き公開されたトレーラーに沿って考えていきたいと思う。 DEATH STRANDING - Teaser Trailer – E3 2018 - 4K - YouTube お馴染みの赤ん坊が親指を立てるところからはじまる。 黒タイツの謎の女性が初登場。彼女は敵対者を直接見る…

【2017年】今年の映画5選

去年に引き続き、2017年で印象に残った映画をまとめたのでメモ書き程度にご紹介していきたい。選ぶのにずいぶんと難航してしまったが、今年は5つに絞ってみた。ジャンルの偏りがあるけど、いちおう満足。 去年の記事はこちら↓ monpanache.hatenablog.com 今…

小島秀夫『デス・ストランディング』最新トレーラーを考える!(追記あり)

【2018年E3】の記事はこちら↓ monpanache.hatenablog.com デス・ストランディング最新トレーラー!ほんと小島秀夫さん最高かよ…SFスリラー映画を思わせる今回のトレーラー。まずは見てみよう。 DEATH STRANDING - Teaser Trailer - TGA 2017 - 4K いくらでも…

映画『メッセージ』の感想

初日ということもあり、映画館はほぼ満席。であったが、周囲の反応はイマイチのようだった。エンディング上演直後から続々と立ち上がり、三分の一ほどがいなくなってしまったのだ。 それを美徳とする人々がたまたま集っただけかもしれない。立地の問題なのか…

【2016年】個人的映画ベスト10をまとめてみた

2016年も残りわずかになってきたので、そろそろ今年の個人的映画ベスト10をメモ書き程度にご紹介していきたい。今年映画館で見た新作映画は計38本。 下の画像が公開順にまとめたもの。 同じ映画を2,3回も見たり映画好きの知人と一緒に見ることが多かった…

映画『この世界の片隅に 』 感想〈あの時代、あの場所に生きていたすべての人に敬意を表して〉

昨日、友人と映画『この世界の片隅に』を見てきました。原作未読でしたが、映画を見て友人と語らい余韻で涙をこらえながら帰宅するほどいい映画でした。 その勢いのままに、このネタバレなしの感想を綴っておきます。

【プレイ感想】Re:LieF 〜親愛なるあなたへ〜 体験版

新規ブランドRASKより『Re:LieFレリーフ 〜親愛なるあなたへ〜』 さっそく体験版をプレイしたので感想を綴る(4102字) この記事は、体験版をプレイして気になったところやOPムービーを解読していく方向です。なので画像が多め。もちろんまだプレイしてない…

【プレイ感想】 生命のスペア 製品版

「これは、大切な人のための物語」 『生命いのちのスペア』を全クリアしたので感想・考察を綴る。(4420字) 生命のスペアはあかべえそふとすりぃの新作。ミドルプライスで、税抜4,800円。手頃な価格で楽しめた。メーカーさんは過去に『できない私が、くり返…

映画『君の名は。』の感想〈大衆作品としての新海作品〉

新海作品は『ほしのこえ』の頃から知っているコアファンなわたし。昨日、映画『君の名は。』を見てきたので感想をかいていきます。ネタバレはほぼありません。が、自己責任でよろしく。 前半は映画を見てない人向けの情報、後半は私が「君の名は。」を見て感…

【雑記】 生命のスペア 体験版

8月26日発売予定の『生命のスペア』 この雑記は体験版の範囲内で、ざっと書き留めたノートのメモを再度打ったもの。気になったセリフや人物関係、時系列などを可能なかぎり記入した。ノートを再検討し、追加したものも多くある。 はてなマーク(?)が多…

【プレイ感想】 千恋*万花 製品版

『千恋*万花』を全ルートクリアしたので感想を綴る。(7743字) 千恋*万花はゆずソフトの最新作。初のフローチャート機能を搭載。お気に入りボイスも引き続いて実装され、快適にプレイできました。年々シナリオも良くなってきていて今後も楽しみなメーカーさ…

映画『シン・ゴジラ』の感想

今日は友人に半ば強引に連れられて、『シンゴジラ』を見てきました。 もともとわたしはウルトラマンやゴジラ、モスラなどの特撮怪獣映画ものはあまり好きではなく、むしろ嫌いでした。幼いころから、わたしは異形の怪物が街を闊歩する姿に恐怖し、その新鮮な…

サクラノ詩 ZYPRESSEN In Yumi Perspective

サクラノ詩(以下、サク詩)についての考察は、これまで幾度となくされてきた。これまでの考察では、素晴らしき日々をはじめとする、ケロQや枕の他作品との共通項を見いだすこと*1、あるいはウィトゲンシュタインを含む哲学や芸術全般からのアプローチ*2が多…